Happy Coin(ハッピーコイン)の運用状況|トレーダーズプロ

こんにちはー、ローマです。

今朝は、大阪で大きな地震がありました。
関西にお住まいの皆さんは、今後の連続地震にお気を付けください。

さて、今回は以前からおすすめしているトレーダーズプロにある無料EAの運用状況です。

その中でもローマが最強と思うEAが、Happy Coin(ハッピーコイン)です。

その理由は、Happy Coin(ハッピーコイン)を運用した途端大きく収益が伸びたからです。

偶然、その時の相場に勢いがあったということもありますが、運だけでなくHappy Coin(ハッピーコイン)自体のロジックが素晴らしいからです。

そのHappy Coin(ハッピーコイン)の先月5月の運用状況ですが・・・

10万円の証拠金で0.01ロットでの設定で3,181円の利益です。


この数字は純利益で手数料やスプレッド、スワップを除いた純利益となります。

単純に月利3.2%という驚異的な数字です。

ちなみにHappy Coin(ハッピーコイン)だけでの運用です。

設定ですが、デフォのままで4通貨各0.01ロットで運用しています。
使用口座は、FXproの低スプレッド口座を使用しています。

低スプレッドですので、その分手数料が別途かかりますが、約定力も強くエントリー回数が他の口座よりも多くなるのが特徴でトータルだと手数料を加味しても利益の方が大きくなるので使っています。

Happy Coin(ハッピーコイン)の詳細

このHappy Coin(ハッピーコイン)のロジックは公開されていませんが、おそらくHMAとオシレーター系のインジを複数組み合わせたものかと思います。

エントリータイミングとしては押し目買いや戻り売りを狙うタイプなのでトレンドに上手く乗るEAです。逆に押し目や戻りを形成しないトレンドやレンジなどではエントリー回数が減ってしまいます。

ダウンロードページにも記載されていますが、日本時間の3~8時の間にエントリーします。


ただし、押し目や戻りを狙うことからエントリー直後は含み損を抱えることが多く初めてエントリーした時はローマも不安でした。

それも時間経過とと主に含み損が含み益と変わるので慣れてくると安心して任せられます。

相場に大きなトレンドが発生すると流れに乗って利益を伸ばすので、利確まで時間が掛かることがありますがその分、利益も大きくなるので口座資金が一気に増えるイメージです。

先月は比較的トレンドが付きやすかったせいなのか、毎日のようにエントリーしていました。

ちなみに先週からはエントリーがガクっと減っています。

Happy Coin(ハッピーコイン)の注意点

これまでメリットを多く書いてきましたが、デメリットももちろんあります。

トレード回数

先ほども言ったようにHappy Coin(ハッピーコイン)はトレンド型のEAです。

そのためレンジ相場などではエントリー回数が減ってしまうことがあります。

ですので、それを補うためにもレンジ型EAを同時に同口座で回しておくと資金効率が落ちずにすみます。

ポジション数

まず設定で最大ポジションが4となっていますが、先月ローマの場合は8つ入りました。

ロットが0.01なので8つ入っても0.08ロットなので大丈夫でしたが、4つでロットサイジングしていると思ったよりも多く入り大きな含み損を抱える可能性があります。

なぜ最大ポジ以上にエントリーしたかは恐らくEAのバグかと思います。

ちなみにローマの友人も同じタイミング&設定で8つ入ってましたので、バグであることが濃厚かと思います。次回のバージョンアップの際に修正されるのを祈りましょう!

SLが深い

Happy Coin(ハッピーコイン)の注意点として、SLが意外と深いということです。

1ポジにつき100ピップス以上です。

ローマの場合、4つポジを持ったまま約Happy Coin(ハッピーコイン)のポジだけで6千円の含み損を経験しています。

これ証拠金の6%に相当します。

もし3倍のロットに設定してたらっと思うと少し怖いなーっといった印象を受けました。

くれぐれもロットの上げすぎには注意してください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。