Bound Master(バウンドマスター)を使ってみた!

こんばんは~、EA職人ローマです。

さてさて今日はゴゴジャンで人気の無料インジケーターをダウンロードしてみました。
その名もBound Master(バウンドマスター)です。

無料商品ランキングで3位の人気です。
クロスリテイリング株式会社が提供していますね!

LPでは「バケモノ級のレンジ専用サインツール」と書いていますね。
手法はレンジ相場での逆張りで、これで100~500pipsをかっさらうって!

使用するチャートは1分と5分のようです。
いざ表示させてみるとピボットと矢印が表示されます。

ダウンロードはこちら

こんな感じで↓

詳しいロジックは分かりませんが
オシレーターにはRSIを使用してタイミングをとっていますね。

一応、矢印が出た2つ前の足がRSIの30以下
もしくは70以上が条件の一つみたいです。

使い方としては矢印サインに従うだけ!

利確やロスカットはLPには書いていませんが、せっかくピボットが表示されているので使って損はないでしょう!

S1やS2はサポートとして機能するので、買いの場合はこのラインを5pips割ったらロスカットするとか、直近の安値を数pips割ったらなどルールを明確にするといいと思います。ちなみに売りの場合は、R1やR2ですね!

こんな感じで良いポイントで矢印がでるんだろうな~っと思ったら・・・

今日は5分足だと、まったくサインがでていません!
LPには1通貨あたり1日に3~5回と記載されていますが

そこで過去を振り返ってみてみると・・・

なかなかナイス位置でサインがでていませんねー。
これでは、とても100pipsなど取れそうもありません。

レンジ相場の逆張りなのに肝心なレンジ相場でサインが出ず
出たと思ったらトレンドに巻き込まれて、ロスカット。

デフォルト設定では、そんな感じのツールです。

唯一評価できるところといえば、パラメーター設定を変えれるところですね。

こちらでRSIの値を変えることで矢印が出る位置が変わってきます。

デフォルトではRSIだと14となっていますが
こちらの数値を小さくすることでサインが頻繁に出てくるようになります。

デフォルト14だと↓

9に変更すると↓

あとはレベルの数値を変えることで出現頻度も変わってきます。

このように通貨ごとに数値を変えて最適なサインが出るように調整するのがオススメです。

まとめ

LPのようにデフォルト設定では複数通貨であっても、矢印頻度が少ないので100~500pipsかっさらうのは難しい。

あと矢印サインに従うだけでは、トータルで勝つのも困難。

明確なロスカットや利確についての説明がなく、初心者にとっては使いこなせない!

こんなところではないでしょうか?
まあ無料なので仕方ないかと思います!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。