海外のFX無料インジケーター「arrowsandcurves」のレビュー&プレゼント

海外の無料インジケーター「arrowsandcurves」のレビュー&プレゼント

海外で人気の無料サインツール「arrowsandcurves」のご紹介です。
通貨ペアや使用する時間足の制限はありません!

リペイントしない無料のサインツールとしてマニアの間では、結構評判がよく理由の一つにリペイントしないことが挙げられます。さっそくダウンロードして表示させてみたのが下記のチャートです。

ドル円5分足チャートです↓
ドル円5分足チャート

 

ドル円15分足チャートです↓
ドル円 15分足チャート

 

ドル円30分足チャートです↓
ドル円 30分足チャート

 

ドル円60分足チャートです↓
ドル円 60分足チャート

 

トレンドフォロー型のサインツールのようでトレンドを的確にとらえられる特徴がありますが、一方でレンジ相場になると上下のサインが頻繁に出現しロスカットを連続してしまう可能性があります。

>>arrowsandcurvesのダウンロードはコチラへ

arrowsandcurvesの使い方

arrowsandcurvesの使い方は、サイン出現でエントリーもしくは決済(ロスカット含む)をするだけです。

しかし、全てのサインに従っても上手く資産を増やすことはできません。
arrowsandcurvesをEA化して過去チャートを利用してバックテストされた方がいらっしゃいましたが、どの時間足を使っても全てのサインで売買するとPF1.0を下回っていました。

そこで、arrowsandcurvesを活用するにはエントリーするサインとスルーするサインの見極めが必要です。

時間単や通貨ペアの特徴を利用する

それにはトレード時間帯や通貨ペアを考慮すると意外と上手くいくことが多いです。

たとえば、日中トレードする方であれば日中比較的トレンドが付きやすいドル円やクロス円、午前中までならオージーやキューイなどのオセアニア通貨に絞ってトレードするとサインでエントリーすることによりトレンドに上手く乗っていくことができるでしょう。夕方からトレードする方には、ドル円よりもユーロドルやポンドドルなどの欧州通貨を中心にみていくといいでしょう!

MACDを組合わせてみる

先ほどの画像ではサブチャートにストキャスティクスを表示させていましたが、ここではサブチャートにMACDを表示させてみました。

下記はポンドドルの5分足チャートです↓
ポンドドル5分足チャート

MACD(白)はゼロラインより下に位置していますので、この状況だと下向きのサインだけエントリーするようにします。

下記はユーロポンドの5分足チャートです。
ユーロポンド5分足チャート

先ほどとは反対にMACD(白)はゼロラインより上に位置していますので、この状況では上向きのサインだけエントリーするようにします。

このように他のインジケーターを利用することで無駄なエントリーを避けることができます。

arrowsandcurvesの欠点

無料で利用でき、リペインとしないサインツールなのでサインの出方など過去検証することができますが、サインツールとして致命的な欠点があります。

それはサインが出現してもアラーム機能とメールでの通知機能がないためチャートを常に監視する必要があるのです!

無料だけに仕方ない部分がありますが、これだと効率的なトレードができませんよね?
そこで、サインが表示するとアラームもしくはメール通知ができるインジケーター「arrowsandcurves-alarm」をプレゼントします。

>>無料プレゼントはコチラへ

アラームと同時に小さな矢印がでますので、エントリー可能と思えば、そのままエントリーしちゃってください!!
アラーム表示

デフォルト設定ではアラーム、メール通知ともに「false」になっていますので、機能させるためには「パラメーターの入力」タブで該当するところを「true」にしてください!
パラメーター変更

これがあれば腹痛通貨の監視も簡単になります!

関連記事一覧

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. PIN

    arrowsandcurves-alarmの再配布または提供をお願いできませんでしょうか
    宜しくお願いいたします

    • fxenpera469uko

      PINさま

      コメントありがとうございます。
      配布を再開しました。

      宜しくお願いします。

テキストのコピーはできません。