トレンド発生自動予測ツールTrend Head Hunter(トレンドヘッド・ハンター)をレビュー

おはようございます、EA職人ローマです。

今回はゴゴジャンの無料商品ランキングで現時点で5位のトレンド発生自動予測ツールTrend Head Hunter(トレンドヘッド・ハンター)のレビューです。

前回のBound Master(バウンドマスター)と同じクロスリテイリング株式会社のインジケーターです。

Bound Master(バウンドマスター)はレンジ相場狙いの矢印インジケーターでしたが、こちらのトレンドヘッド・ハンターはトレンド相場を狙っての矢印インジケーターです。

ダウンロードはコチラ

LPでは、トレンド発生の初動から終盤まで利食うことも可能!

しかも的中率81.4%っと理想的なことが書かれていますが、まあ誇大広告ですね。

全ての時間足、通貨ペアに対応っと書いているので
とりあえず、ユーロドルの1分足で矢印の出現具合を見てみました。

たしかにボリバンがスクイーズからエクスパンションし始めた初動を狙っています。
ただ微妙なタイミングで出てることも多いかな?

そこでEA化して矢印サインに従って約1か月間ですがテストしてみました。

トレード条件としては矢印が出現した次の足の初値でエントリー。
1分足なので利確&ロスカットとも10pips。
そしてトレンドを狙うっということで欧州時間からアメリカ時間まで!

取引通貨は、ユーロドルでテスト期間は直近1ヶ月です。
トレンドヘッド・ハンターはデフォルト設定です。

なお、連続して矢印が出現するポイントは初めの矢印でのエントリーとし、利確もしくはロスカットしてノーポジションになるまで次の新規エントリーはしていません!またポジション保有中に逆矢印が出現しても上記条件に当てはまらない限り新規エントリーはないものとしています。

結果はコチラ↓

勝率は49.1%とLPのでPF0.97です。

まあPFをみると1を切っていますが
裁量判断を入れると1.3~1.6は行くのではないでしょうか?

ちなみに1分なのでスプレッドの影響を受けやすいので、ゲムフォレックスのノースプレッド口座での取引を想定してテストでのスプレッドは0.5pipsとしました。(実際のノースプレッド口座では通常約0.3pipsです。)

1分のスキャルピングだとコチラの口座がオススメです!
ノースプレッド口座開設はこちらへ

前回のバウンドマスターよりも矢印の出現頻度が多く、トレンドラインや移動平均線、水平線などを利用して裁量判断で矢印を厳選することで使えるのではないかと思います。

ただ、初心者にとってはなかなか難しいかもしれませんね!
まあ無料ですから仕方ないかとも思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。